漢方スタイルクラブカードとライフカード、どちらが有利?

ライフカードの特徴として、誕生月にクレジットカードを利用すると、通常よりもポイントが5倍になります。このため、ポイント還元率は最大で3.3%という驚異的な数字になります。その他にも年間の利用額によって還元率の変わってくるところがあって、50万円以上の利用額であれば、翌年度は1.25%の還元率になります。165万円以上年間でカード払いをした場合には、1.63%の還元率になります。これはなかなかの破壊力です。しかしもし年間50万円を切る程度のカード利用しかない場合には、0.5〜0.67%程度の還元率になってしまいます。

 

一方漢方スタイルクラブカードの優れている所は、いつでも関係なく1.75%という驚異的なポイント還元率となっている所です。上で紹介したライフカードのポイント還元率よりも上です。165万円以上年間で利用したとしても、それよりも効率的にポイントを稼げます。この意味では、漢方スタイルクラブカードをクレジットカードとして持っていた方がお得でしょう。

 

ただし、ライフカードの場合年会費は無料です。このため、ライフカードを持っているだけで損をすることはありません。そこでサブカードとして、ライフカードを取得しておく方法もあります。そしてライフカードを誕生月の時に、集中して使ってみましょう。先ほども紹介したように、ポイントが通常の5倍になってポイント還元率は3.3%にまで徹するからです。このポイント還元率は、漢方スタイルクラブカードの倍近くにもなりますので使わない手はありません。漢方スタイルクラブカードとライフカードは、状況に応じてうまく使い分けて、お互いのカードの良さを最大限に引き出していくことです。