リクルートカードと比較するとどちらがお得?

リクルートでは、リクルートカードプラスとよばれるクレジットカードを提供しています。リクルートカードプラスと漢方スタイルクラブカードは、現在出ているクレジットカードの中でもポイント還元率で見た場合に、ツートップといっていいでしょう。そのくらいほかのクレジットカードと比較すると、ポイント還元率の面でほかを凌駕しているといっていいです。

 

漢方スタイルクラブカードのポイント還元率は、1.75%となります。通常クレジットカードのポイント還元率は0.5%前後といわれているので、漢方スタイルクラブカードでも十分な高還元率といえます。しかしリクルートカードプラスは、この漢方スタイルクラブカードをも超える高還元率で会員にサービス提供をしています。なんとポイント還元率は2.0%です。ここで勘違いしてほしくないのは、ボーナスポイントなどの前提条件があってこの還元率ではない点です。通常時で2.0%の還元率なのです。いかに驚異的なポイント還元率家、通常のクレジットカードの還元率と比較すればお分かりになるでしょう。

 

ここまで見ると、リクルートカードプラスを利用した方がいいような感じがしてしまいます。しかしここでもう一つ比較すべきポイントがあって、年会費です。それぞれ税抜きで、漢方スタイルクラブカードが1500円であるのに対し、リクルートカードプラスは2000円となっています。この年会費のコストも考えて、どちらが有利になるかを考えないといけません。どちらが有利になるかは、皆さんがどのくらい年間でカードを使ってショッピングするかで変わってきます。年間のショッピング利用代金が100万円を超えるのであれば、リクルートカードプラスを選択した方がいいでしょう。しかし100万円未満であれば、漢方スタイルクラブカードの方が有利なはずです。